【呼吸器内科 専門医】による治療
愛和クリニック 仙川
調布市仙川の患者様に寄り添う呼吸器内科

お知らせ

インフルエンザ予防接種にかかわる緊急のお知らせ

ただいまインフルエンザワクチンの不足により、接種を受け付けておりません。 在庫入荷次第、再開させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

仙川の愛和クリニック 呼吸器内科 診療内容

せき・息ぎれ・ぜんそく等の呼吸器内科受診
ご希望の患者様へ

呼吸器内科専門医の宮﨑医師は月・火・水・金の担当となっております。
なお、木・土は一般内科の受付となっておりますので、お間違いのないようご注意下さい。

仙川の呼吸器内科 呼吸器内科専門医

急性気管支炎

微生物の感染により気管支粘膜に炎症が起こり、痰を伴う咳がみられる状態を一般的に気管支炎といいます。喫煙、大気汚染、あるいは喘息などのアレルギーによっても起こります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。わずかな刺激も発作がおきてしまいます。

気管支喘息

気管支が慢性の炎症により狭窄や過敏状態を引き起こし、発作性の呼吸困難や咳・痰を生じる病気でアレルギーが関与していることが多いと考えられています。

細菌性肺炎

細菌性肺炎の原因菌は肺炎球菌が最も多く、次いでインフルエンザ菌です。 そのほか、黄色ブドウ球菌やクレブシエラ菌が原因になります。

肺結核

活動性肺結核の患者さんが咳をした際、しぶきとなって排出された結核菌が空気中に漂(ただよ)い、その空気を身近な人が吸うことで感染するからです。

非結核性抗酸菌症

結核との大きな違いは、ヒトからヒトへ感染(伝染)しないこと、病気の進行が緩やかであること、抗結核薬があまり有効でないことなどがあります。

呼吸器内科の診療内容をもっと見る

間質性肺疾患

肺の中の肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋の壁や周辺(間質)に炎症が起きる病気です。ジオトリフなどの薬の副作用が原因のひとつとなります。

肺癌

肺がんは、進行するにつれてまわりの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにのって広がっていきます。

せき・たん

動悸・息切れ

医療の質を再定義し、地域医療に貢献していきます。

地域医療を支えてきた診療所による医療は、本当にこのような概念を実現できてきたでしょうか。我々は、患者に最も近い診療所による医療からその点を見直し、あらためて再定義したいと思っています。

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~13:00 14:30~18:30
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川駅近の呼吸器内科 - 呼吸器内科専門医

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス