気管支喘息

概念・疫学

気管支喘息(以下喘息)は、「気道の慢性炎症を本態とし、臨床症状として変動性をもった気道狭窄(喘鳴、呼吸困難)や咳で特徴付けられる疾患」と定義されています。

喘息の人の気道は、炎症細胞(好中球、好酸球、リンパ球など)、気道構成細胞(気道上皮細胞、繊維芽細胞、気道平滑筋細胞など)、および種々の液性因子により、症状がないときでも常に炎症(慢性炎症)を起こしています。

その結果、健康な人に比べて気道が狭くなり(気道狭窄)、気道はとても敏感(気道過敏性亢進)になっています。

そのため、炎症がおこっている気道は、ホコリ、タバコ、気圧の変化、ストレスなどのわずかな刺激でも敏感に反応し気道が狭くなり、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)、息苦しさ、咳などの症状を認めます。

喘息の治療は、発作をおこさないための気道炎症をコントロールする治療が中心となります。日本では子供の8~14%(赤澤 晃ガイドラインの普及効果QOLに関する全年齢全国調査に関する研究報告書 2008年)、大人では9~10%(Fukutomi Y. Int Arch. Allergy Immunol 2010)が喘息と報告されています。

成人、高齢になってから発症する方もいます。

喘息の症状

発作的に咳や痰が出て、ゼーゼー、ヒューヒューという音を伴って息苦しくなります。夜
間や早朝に症状が出やすいのが特徴です。

喘鳴や息苦しさを伴わない、咳だけが症状の咳喘息(喘息の亜型)もあります。

治療せずに放置すると、気道の炎症が悪化して、発作の頻度が多くなったり、症状が重くなったりします。

喘息の診断

上記のような症状を繰り返していれば、喘息の可能性があります。

呼吸機能検査(スパイロメーター)で気道の空気の流れが悪くなっていないかどうかを調べます。気管支拡張薬を吸ったあとにその流れが改善(気道可逆性)すれば喘息の可能性が高まります。

また、痰の検査(好酸球)や吐いた息の中の一酸化窒素(NO)濃度などを測定して気道の炎症を調べます。

血液検査でアレルギー体質かどうかや、アレルギーの原因(アレルゲン)も検査します。以下、喘息診断の目安です。

①家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー 性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患)

②IgE抗体を産生しやすい素因

喘息の治療

症状がないときも、気道の炎症は続いています。
炎症が続けば発作が起こりやすくなり、学校や会社を休み、日常・社会生活に影響が出ます。
そして炎症が続くと気道が固く狭くなり元に戻らなくなる(リモデリング)ので、継続した治療によって慢性的な気道の炎症をコントロールすることが重要になります。

薬物療法の中心は吸入ステロイド薬です。適切に使用すれば副作用は少なく安全に使用できます。喘息の重症度に応じて吸入ステロイドの量を調整し、他の薬を追加します。
また、アレルギーの原因が分かっている場合はそれらを避け、喫煙していれば禁煙しましょう。

喫煙は喘息症状を悪化させる原因になり、吸入ステロイドの効果を減弱するので、喘息治療に禁煙は必須です。もし発作が起こったら、即効性のある気管支拡張薬を吸入します。

気管支拡張薬を使用して改善しないときや息切れが強いときは、速やかに病院を受診してください。

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~13:00 14:30~18:30
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川の内科・呼吸器内科

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス