脂質異常症

脂質異常症について

脂質異常症とは

血液中の脂肪値が高い状態を脂質異常症(高脂血症)と呼びます。
血液検査の項目としては
■HDLコレステロール(善玉):40mg/dl未満
■LDLコレステロール(悪玉):140mg/dl以上
■中性脂肪:150mg/dl以上
この3つが関係しています。

脂質は、細胞膜やホルモンの材料となったり、エネルギーの貯蔵庫になるなど、私たちの体の機能を保つために大切な働きをしています。しかし、過剰にありすぎると動脈硬化を引き起こします。

脂質異常症の症状

血清脂質値が異常でも、通常、症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、知らず知らずのうちに、全身の血管が傷めつけられます。その影響は主に、動脈硬化となって現れます。
動脈硬化が進むと、心臓や脳などの血液の流れが悪くなります。そして、あるとき突然、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発作を招く事となります。

脂質異常症の治療方法

脂質異常症の治療は通常、食事療法や運動療法などによる生活習慣の見直しから始めます。
また。生活習慣の改善を十分に行ったにもかかわらず、LDLコレステロール値や中性脂肪値が思うように下がらない場合には、お薬による治療も考えていきます。

ただし、既に値が飛びぬけて高い方、危険因子を多く持つ方、検査を受けて遺伝性の要因による家族性高コレステロール血症と診断された方は、動脈硬化が進行するリスクが高いので、すぐに薬物療法を始めることがあります。

自覚症状がないため定期的な血液検査をし自分の状態を確認する事をお勧めします。
また、もし既に健診等で高値を指摘されている場合は放置せず早めに対応する必要があります。まずは一度ご相談ください。

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

受付時間
9:00-12:45
14:30-18:15 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~12:45 14:30~18:15
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川の内科・呼吸器内科

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス