糖尿病

糖尿病について

糖尿病とは

体を動かす主要なエネルギーはブドウ糖です。
このブドウ糖を全身の細胞で利用するために働いているのが膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。インスリンの不足や作用低下が原因で血糖値の上昇を抑える働きが低下し、高血糖が慢性的に続く病気が糖尿病です。

糖尿病の症状

糖尿病は初期段階ではほとんど自覚症状がありません。

気付いた頃には病気が進行し、合併症が出現していたという事が多くあります。
定期的に健康診断を受け、早期に発見する事が大切です!

また、既に健診にて糖尿病の指摘をされている方は早急な受診をお勧めします。

以下の自覚症状のある人は血糖値がかなり高く重症な状態の可能性が高いです。
・喉が渇く ・尿量が多い
・疲れやすい、体がだるい ・食べても食べてもやせる

糖尿病は合併症が怖い

長年持続する高血糖によって起こる慢性合併症は全身の血管と神経への侵襲です。

神経障害・網膜症・腎症が三大合併症であり、ドロドロの血液が微小な血管を閉塞する事で起こります。
また、より大きな血管の動脈硬化が進行すると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高まります。

緊急に治療を要する状態では、急激な高血糖と生命の危険も伴う意識障害を来すリスクもあります。

 

糖尿病の治療

食事や運動などの生活習慣が関係する2型糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。

この2つの治療法で血糖値が改善しない時や、血糖値が非常に高く、急いで下げる必要がある場合などに薬物療法が行われます。

免疫の異常でインスリンが分泌されない1型糖尿病では、インスリンの注射による治療が最初から欠かせませんが、血糖値をより良くコントロールし、インスリンの量を減らしていくためにも、やはり食事療法、運動療法は基本の治療として続けていくことが大切となっています。

糖尿病はかなり進行しない限り症状を自覚しないため治療の必要性を理解しにくいものだと思いますが、合併症がとても怖い病気です。
しかし、早期に治療を開始し、血糖コントロールをする事でその合併症を防ぐことが可能です。
放置せず、まずはご相談ください。

一人一人の生活状況や病気の進行状況に合わせて最善の治療を考えていきます。

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

受付時間
9:00-12:45
14:30-18:15 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~12:45 14:30~18:15
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川の内科・呼吸器内科

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス