タグアーカイブ: 呼吸器疾患

咳(せき)

17.05.30

咳(咳嗽:がいそう)とは

「咳」は、ウイルスや細菌などの病原体や異物がのどや気管・気管支などに入り込んだ時、それを痰として外に排出する役割があります。
咳は多くの呼吸器疾患が原因になり、医療機関を受診する代表的な症状の一つです。

分類

咳は持続期間により、3週間未満の急性咳嗽、3 週間以上~8週間未満の遷延性咳嗽、8週間以上の慢性咳嗽に分類され、持続期間により原因疾患がある程度推定できます。

急性咳嗽の多くは、感染症、多くは感冒によるものなので自然軽快しますが、3週間以上持続する咳では、肺癌、間質性肺炎、肺結核などの疾患の除外のため、胸部 X 線検査が勧められます。

遷延性咳嗽では、咳嗽の原因が感染症からそれ以外の原因になってきます。

慢性咳嗽では、感染症の割合は少なくなり、8週以上では感染後咳嗽の頻度は数%以下となります。咳の持続期間以外にも、咳の性状として痰を伴うか否かは重要な情報です。
痰を伴う場合を湿性咳嗽、伴わない場合を乾性咳嗽と言います。

診察・検査

発熱、喘鳴(ゼーゼー)、息切れ、喀痰の有無(血痰含む)、咳がひどくなる時間帯・場所・季節、胸やけ、耳鼻咽喉科疾患の有無、喫煙歴、職業歴、ペットの飼育歴、住居の状況(木造など)などを聴取し、可能性がある疾患を推定していきます。
その後、画像検査(胸部レントゲン)、血液検査、呼吸機能検査などを施行します。

代表的な疾患

急性咳嗽

(急性咳嗽)多くは感染性咳嗽です。
感染性咳嗽の多くの原因は感冒(ウイルス感染がほとんどで抗菌薬は無効)なので、通常数日から1週間くらいで改善します。
時に長引くことがありますが、通常の感冒であれば8 週間以上持続することはまれであり、多くは自然に軽快します。

以下のいずれかの所見が当てはまれば感染性咳嗽を疑います。

1 感冒様症状(のどの痛み、鼻汁など)が先行している
2 咳が自然軽快傾向である
3 周囲に同様の症状の人がいる
4 経過中に性状の変化する膿性痰がみられる

※マイコプラズマ、百日咳などの感染症では、マクロライド系抗菌薬使用することがあります。

遷延性~慢性咳嗽

咳喘息

咳は、就寝時、深夜あるいは早朝に悪化しやすいです。
症状の季節性がしばしば認められます。

痰を伴わないことが多いですが、湿性咳嗽(痰を伴う)の場合もあります。
喘鳴は自・他覚的に認めず、強制呼出時にも聴取されません(わずかでも喘鳴を認める症例は「咳優位型喘息」と呼びます)。

感冒、冷気、運動、受動喫煙を含む喫煙、雨天、湿度の上昇、花粉や黄砂の飛散などで症状が悪化します。

気管支拡張薬で咳が改善すれば咳喘息の可能性が高いです。
診断後は、吸入ステロイドで治療します。

咳喘息は、数年の内に約 30%の患者が喘息を発症するため、吸入ステロイド薬による維持療法を2年程度実施することが推奨されます。

アトピー咳嗽

アトピー咳嗽は、咳喘息・気管支喘息とともに代表的な好酸球性気道疾患であり、両者の鑑別が必要です。

アトピー素因※を有する中年女性に多く、のどのかゆみを伴う乾性咳嗽を認めます。
咳嗽は就寝時、深夜から早朝などに多い特徴があります。
誘因としては、エアコン、たばこの煙(受動喫煙)、会話(電話)、運動、精神的緊張など様々です。

気管支拡張薬が無効であることを確認することにより咳喘息を除外し、ヒスタミンH1受容体拮抗薬やステロイド薬が有効なので、それらの薬剤の効果を評価して診断します。ヒスタミンH1受容体拮抗薬を第1選択薬としますが、有効率は約 60%です。ヒスタミン H1受容体拮抗薬の効果が不良な場合は、まずは吸入ステロイド療法の追加を試みます。

咳嗽が強い、吸入が困難な場合には、1~2 週間の経口ステロイド療法(プ レドニゾロン 20 ~ 30 mg/日)によって咳嗽の早期軽快を図ります。

アトピー素因(①または②)
1 家族歴・既往歴
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー 性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患)
2 IgE抗体を産生しやすい素因
副鼻腔気管支症候群(sinobronchial syndrome:SBS)

副鼻腔気管支症候群は、上気道の炎症性疾患である慢性副鼻腔炎に下気道の炎症性疾患である慢性気管支炎、気管支拡張症、あるいはびまん性汎細気管支炎が合併した病態をいいます。

我が国における慢性咳嗽の中では、咳喘息、アトピー咳嗽に次ぐ 頻度で多いため、慢性咳嗽の鑑別疾患として重要です。

一般的な診断基準は以下の通りです(①~③の全てを満たすことが必要】。

① 8週間以上続く呼吸困難発作を伴わない湿性咳嗽
② 次の所見のうち1つ以上を認める
1 後鼻漏、鼻汁、咳払いなどの副鼻腔炎様症状
2 敷石状所見を含む口腔鼻咽頭における粘液性あるいは粘膿性の分泌液
3 副鼻腔炎を示唆する画像所見
③ 14・15 員環マクロライド系抗菌薬や去痰薬による治療が有効

治療はマクロライド系抗菌薬の少量長期療法(半年~数年など)を行います。

そのほかの疾患としては、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease:GERD)、ACE阻害薬(降圧薬)による咳などがあります。

仙川の内科・呼吸器内科 仙川|愛和クリニック|仙川駅 徒歩3分

日付:  カテゴリ: and tagged ,

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~13:00 14:30~18:30
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川の内科・呼吸器内科

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス