タグアーカイブ: 間質性肺炎

間質性肺疾患

17.11.25

間質性肺疾患について

間質性肺炎とは

間質性肺炎とは、肺を支える間質に炎症や線維化が起こる病気です。

肺は肺胞というブドウの房状の小さな袋がたくさん集まってできています。ブドウの房(肺胞)同士の間を「間質(かんしつ)」といいます。

間質から始まった炎症は、肺胞の壁などにも広がり、壁が厚く硬くなり、酸素を取り込みにくくなります。

間質性肺炎の原因

間質性肺炎の原因は様々です。原因が特定できないものも多く存在し、それらを特発性(とくはつせい)間質性肺炎と言います。

 

間質性肺炎の症状

初期には無症状のことが多く、病状がある程度進行してくると動いた時の息切れやせきなどを自覚します。
進行は緩やかなものもありますが、急速に進行するものもあります。

間質性肺炎の診断

問診、身体診察に加えて、胸部エックス線や胸部CT、呼吸機能検査、

血液検査、動脈血ガス分析などを行います。胸部CT画像により画像のパターンを分類します。気管支鏡検査により肺胞の洗浄検査等を行うことや、胸腔鏡下に1cm程度の病変部を外科的に切除・採取し、検査することもあります。

間質性肺炎の治療

原因が明らかであれば、まずは原因を取り除き、原因に曝露しないようにします。
原因を除去できないときや病状が進行してしまうときは、ステロイド剤や免疫抑制剤などを使用することもあります。

病状が進行すると呼吸不全となり酸素吸入が必要になることもあります。
特発性間質肺炎の特定のタイプでは、抗線維化薬により病気の進行を緩やかにできる場合もあります。
特発性間質性肺炎は国の難病(特定疾患)に指定されています。

生活上の注意

風邪などをきっかけに急激に病状が悪化することがあります。
このようなことを防ぐために、日常の手洗いなど徹底するとともに、肺炎球菌やインフルエンザのワクチンを受けておくことが推奨されます。

喫煙は肺がんなど重篤な合併症のリスクも高めますし、間質性肺炎の悪化予防のためにも禁煙が必要です。

 

 

仙川の内科・呼吸器内科 仙川|愛和クリニック|仙川駅 徒歩3分

日付:  カテゴリ: and tagged , , ,

受付は原則、診察終了時間の15分前までとなります

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 -

宮﨑院長の勤務日は、月・火・水・金 となります。

木曜・土曜の担当医は交代制になっております。

受付時間
外来:9:00~13:00 14:30~18:30
健診:9:00~11:30 14:30~17:00
予防接種:9:00~12:00 14:30~17:30
禁煙外来・SASは、宮﨑先生の出勤日の月 火 水 金 での診療となります。
院長
宮﨑 健二(総合内科専門医・呼吸器専門医・がん治療認定医・産業医)
住所
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F

仙川の内科・呼吸器内科 愛和クリニック

交通
京王線【仙川駅】徒歩3分

医療法人社団慈香会 愛和クリニック

仙川の内科・呼吸器内科

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-15-47 ひなたビル 1F
TEL: 03-3307-5477 / FAX:03-3307-5479

愛和クリニックへのアクセス